津波注意報発令で「マッサン」中断、「あさイチ」もニュースに切り替え

[ 2015年2月17日 10:21 ]

 青森、岩手、宮城、秋田の4県で震度4の地震があった17日朝、NHKでは総合で放送していた連続テレビ小説「マッサン」を地震発生直後の8時10分ごろからニュースに切り替え、津波注意報が発令されたことを中心に岩手県の海岸などの中継画面を継続的に伝えた。

 この日8時6分ごろに震度4の地震が発生、気象庁は8時9分、岩手県に高さ1メートルの津波注意報を出した。「マッサン」中断後は、後番組の「あさイチ」もそのままニュースを続け、岩手・宮古、久慈、大船渡の港の状況を中継し、津波への警戒を呼び掛けた。

 さらに、地震発生地域への電話リポートや岩手県沿岸部をヘリで中継するなどして、10時に国会中継に切り替えるまで海岸の状況などをリアルタイムで伝えた。

 「あさイチ」は休止、10時以降も津波の観測状況や避難勧告についての画面表示を継続した。津波注意報は10時20分に解除された。

 「マッサン」は中断された回を18日8時から、続いて18日分を放送する。「あさイチ」は8時30分からに放送時間がずれる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年2月17日のニュース