川栄ステージ復帰!新選抜16人勢ぞろい AKB真の再出発

[ 2014年7月13日 05:30 ]

「THE MUSIC DAY 音楽のちから」でステージ復帰したAKB48の川栄李奈(C)AKS

 5月25日の握手会襲撃事件で負傷したAKB48の川栄李奈(19)が12日夜、日本テレビの音楽特番「THE MUSIC DAY 音楽のちから」に生出演し、ステージ復帰した。6月7日に開票された選抜総選挙で16位内のメンバーが全員登場し、新体制の16人が初めて公の場で顔をそろえた。

 川栄のパフォーマンスは事件当日のミニライブ以来で48日ぶり。新曲「心のプラカード」(8月27日発売)を初披露する前に「皆さん、ご心配をお掛けしました。もう凄く元気なので、きょうこの場に立てて凄くうれしいです」と笑顔であいさつ。右手に依然として痛々しいギプスをつけていたものの、6000人以上の観客席から激励の拍手が湧いた。

 総選挙では16位で、立ち位置は向かって最後列右端。振り付けは指をチョキの形に動かしたり、両手をパンと叩いたりするなど手をこまめに使う動きだったが、舞台復帰の喜びをかみ締めるように幸せそうな表情を浮かべた。センターは渡辺麻友(20)が務めた。

 川栄はレギュラーを務めるフジテレビ「バイキング」など歌わない仕事は6月中に復帰済み。ただ、ケガの影響を考慮し、コンサートやテレビでのパフォーマンスはこれまで見送られていた。総選挙の選抜メンバーによる歌は、6月下旬から7月中旬に初披露されることが恒例化してきただけに、川栄のステージ復帰もこのタイミングに合わせたとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年7月13日のニュース