ももクロ有安杏果 喉の治療継続「2月いっぱい声出す仕事控える」

[ 2013年2月7日 18:20 ]

「ももいろクローバーZ」の有安杏果

 今年1月から喉の治療を行ってきた「ももいろクローバーZ」の有安杏果(17)が、引き続き治療に専念することになった。7日、グループの公式サイトで発表された。

 サイトでは「1月より喉の治療を行ってきましたが、声を出せるまでにもう少しお時間を頂くことになりました」と説明。「そこで、2月いっぱいは、これまで同様、声を出す仕事は控えさせて頂きます。いち早く皆さんに声を届けられるよう治療に専念させて頂きたく思います」と報告している。

 有安は今年1月に自身のブログで「2月からまた元気に歌えるように声帯を少し休めるだけなんで…安心して待ってて」とつづっていたが、2月11日の東京国際フォーラム公演、同16日の沖縄公演には間に合わなかった。

 ももクロは3月から春のツアーを開催することが決定。無事に回復することを祈るばかりだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年2月7日のニュース