「今、入れるアイドル」GRAZIE 毎日メンバー募集、戦力外もアリ

[ 2013年1月27日 13:30 ]

初ライブを成功させ笑顔を浮かべた半田健人(中央)とGRAZIE

 俳優半田健人(28)がプロデュースする4人組アイドル「GRAZIE(グラッチェ)」が26日、都内で初ライブを行い、「今、入れるアイドル」として今後活動することを掲げた。

 半田が「初のサプライズ」と称して、毎日新メンバーを募集していくことを終演後に発表。知らされていなかった4人は「えっ…」と絶句。半田はこの仕組みをプロスポーツに例え「プロ野球チームのように“戦力補強”を繰り返して、グループを強化していく。365日いつでもオーディションを行う。10年後、20年後と末永く愛されるグループにしていきたい」と説明した。

 オーディションを常に行うことで、アイドルを目指す人への門戸を広げることとグループの活性化を図る狙いもある。人数編成も恒常的に変わっていくため「使えない人間には戦力外通告を下すこともある」と非情な決断を下す覚悟も口にした。半田は楽曲をプロデュースするほか、芸能界の先輩として心構えなどをアドバイスしていく。詳細は公式サイトで後日発表する。

 ライブは涙の船出。開演直後に約150人で埋まった会場を目にした野島朋華(15)古谷爽香(13)は涙が止まらなかった。「家族や友達しかいないと思っていたので、こんなに集まってくれるとは…」。言葉を詰まらせながら深々と頭を下げた。

 半田が作曲したオリジナル曲を4曲歌唱。昨夏のオーディションを経て、同11月にスポニチ本紙でお披露目されてから、約2カ月で念願の初ステージ。緊張しながらMCを務めるなど初々しいパフォーマンスに客席から温かい拍手が送られた。最後は4人で「グラッチェ!」とあいさつ。グループ名にもなっているイタリア語で「ありがとう」を意味する言葉で感謝を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年1月27日のニュース