1人だけで前日リハ…みんなを出迎え本番に

[ 2012年7月6日 06:00 ]

指原莉乃 HKT48公演デビュー

 5日の演目は「手をつなぎながら」。SKE48の初のオリジナル公演(09年2月)用に作られたセットリストで、HKTも初回公演(昨年11月)から採用。AKBで活動してきた指原にとっては初挑戦となった。

 前日の4日にHKT48劇場入り。他のメンバーはAKB・チームKの長崎公演に参加したため、1人だけでの前日リハーサルとなったが、特訓で覚えた歌や振り付けのチェックを重ねた。この日もメンバーの誰よりも早く劇場入りし、みんなを出迎えた上で最終リハに臨んだ。総合プロデューサーの秋元康氏(56)も劇場を訪れ、見守った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年7月6日のニュース