涙収まったさしこ「ここで泣いたら格好悪いと思った」

[ 2012年7月6日 10:01 ]

公演中に感極まる指原莉乃

 AKB48からHKT48に移籍した指原莉乃(19)が5日夜、福岡市中央区のHKT48劇場で地元デビューを飾った。

 最後の曲「遠くにいても」で目に涙がにじんでいたことについて報道陣に問われると「めっちゃ我慢した。泣かないと決めていたし、ここで泣いたら格好悪いと思った。歌っている途中に、チームHで頑張っていくという思いで涙が収まった」と明かした。

 今後については「(HKTとして)シングルデビューしたい。年内にもしたい」と目標を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年7月6日のニュース