愛菜ちゃんマイクいじって雑音→注意されちゃった

[ 2011年12月30日 06:00 ]

「マルマルモリモリ」を歌った後、芦田愛菜(中)は自分のインカムを触っていて注意されちゃった!(左は鈴木福)

「第62回NHK紅白歌合戦」リハーサル 

(12月29日)
 7歳で史上最年少出場の芦田愛菜と鈴木福は、バックで“マルモリダンス”を踊る東北地方在住の子供約80人とともに登場。

 芦田は音合わせの合間、手持ちぶさたになったのか、マイクを手ではたいたり、いじったりイタズラを開始。会場に「ズボズボッ」と雑音が響き渡り、番組スタッフに注意を受けた。「やっちゃったあ」というように口元に手を当てる、愛らしいしぐさに場内は大爆笑。やはり今年の紅白のムードメーカーだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年12月30日のニュース