話し合いは平行線 高岡蒼甫「悪いことはしてない」

[ 2011年7月29日 07:05 ]

所属事務所をやめたことを発表した高岡蒼甫

 韓流ブームに偏向しているとフジテレビを批判して物議を醸していた俳優高岡蒼甫(29)が28日、所属先の大手芸能事務所「スターダストプロモーション」を退社した。

 関係者によると、高岡は舞台「金閣寺」のニューヨーク公演が24日に終わった後も現地に滞在。この日、事務所関係者が電話をかけ、波紋の大きさや他の所属タレントへの影響を説明したのに対し、高岡は「悪いことはしてない」と反論。話し合いは平行線に終わり契約解消が決まった。ツイッターでの発表はその直後だったという。

 高岡は俳優を続ける意思で、フォロワー(読者)からの「自主退職なのか解雇なのか」という質問に「自分からは切り出してはいません」と明かしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年7月29日のニュース