ルー大柴 トークショーで園児に笑い取られショック

[ 2011年7月29日 17:45 ]

「日本国際切手展2011」に登場したルー大柴(右端)=29日、横浜市内

 タレントのルー大柴が、横浜市内で開催の「日本国際切手展2011」(8月2日まで)にオフィシャルサポーターとして登場、トークショーで切手にまつわるエピソードを披露し盛り上げた。

 切手をプレゼントされたのがきっかけで収集を始めたルーは、「ちりも積もればマウンテン」とこれまでを振り返った。

 自身のコレクションの中から、故ダイアナ妃をはじめ、故マリリン・モンローといったスターや、大阪万博の切手について笑いを交えて解説した。

 来場者参加のクイズ大会では、勝ち残った幼稚園の女児に「今の気持ちは?」と尋ねると「ふつう」。会場の爆笑にルーは「今までで一番笑い取ったんじゃないの」とショックの様子。ルーとハグ(抱擁)か握手できると言われた女児は「いらなーい」。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年7月29日のニュース