笑い飯・哲夫 東大で仏教講座「やり過ぎは駄目」

[ 2011年5月29日 06:00 ]

東大生を相手に“名講義”を見せる笑い飯の哲夫

 お笑いコンビ「笑い飯」の哲夫(36)が28日、東京大学本郷キャンパスで学園祭の一環として「笑い飯 哲夫のおもしろ仏教講座」を開催。現役東大生約100人を含む550人が1時間の講座に聞き入った。

 関西学院大文学部哲学科卒で“仏教通”としても有名。黒板に「煩悩」「四苦八苦」などを記し、「ブッダの教えは、何事もやり過ぎるのは駄目。しないのも駄目。中道がいい」と笑いを交えながら話した。

 質問コーナーの「戒名」については「屁(へ)の文字を入れるといい。一瞬“尼”の文字と錯覚するのでは…。屁は実体のない“空”」とうんちくを傾けた。子供の頃から般若心経に興味を持ち、趣味を公言。「緊張はしなかった。仏教を題材にどこまでお笑いでボケられるかということです」と、余裕の感想だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年5月29日のニュース