平愛梨 アノ人はやはり「ギンギラギンに輝いていた」

[ 2009年4月16日 07:19 ]

「岡部警部シリーズ シーラカンス殺人事件」のヒロイン役、平愛梨

 近藤真彦(44)主演で今秋に放送されるフジテレビドラマ「岡部警部シリーズ シーラカンス殺人事件」の収録が15日、都内で行われた。06年からのシリーズ第4弾。当初と比べ「大人になったかな。かつては押しだけの逮捕シーンになっていた」と振り返った。“生きた化石”と言われるシーラカンスの捕獲をめぐる連続殺人の犯人を追う物語で、今月7日に福島・いわきでクランクイン。ヒロインの平愛梨(24)は近藤の印象について「ギンギラギンにオーラが輝いていた」と語り笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2009年4月16日のニュース