×

現役JKファイター“寝技の萌ちゃん”がRIZINデビュー戦で鮮やか一本勝ち

[ 2022年7月2日 16:57 ]

腕ひしぎ十字固めで一本勝ちした須田萌里(C)RIZIN FF
Photo By 提供写真

 総合格闘技イベント「湘南美容クリニック presents RIZIN.36」は2日、沖縄アリーナで行われ、第3試合の49キロ契約5分3Rでは現役女子高生ファイターの須田萌里(17=SCORPION GYM)が地元・沖縄出身のにっせー(26=チームにっせー/アローズエンタテインメント)が鮮やかな一本勝ちでRIZINデビュー戦を飾った。

 須田は父の影響で小学5年でブラジリアン柔術を始め、18年全日本キッズ柔術選手権優勝、21年全日本ブラジリアン柔術選手権優勝という実績を持ち、20年10月にDEEP JEWELSでプロMMAデビュー。5月には大島沙緒里の持つアトム級のベルトに挑んたが、一本負けを喫していた。

 “寝技の萌ちゃん”の異名を持つ須田は、打撃を得意とするにっせーを相手に得意の展開に持ち込み、最後は腕ひしぎ十字固めで仕留めた。試合のため修学旅行では来られなかった沖縄で会心の勝利。リング上でマイクを握った須田は「前回の試合で一本で負けてしまって悔しかった。得意の腕十字で決めることができて本当にうれしいです」とあどけない笑顔を見せた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年7月2日のニュース