×

ジャンボ鶴田さん二十三回忌追善興行にレジェンド大集結!川田「いまだに自分の中では最強」

[ 2022年6月1日 05:30 ]

ジャンボ鶴田さん二十三回忌追善興行でポーズを決める(左から)カブキ、田上、天龍、川田、渕、小橋(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 2000年5月13日に49歳で亡くなった名レスラー、ジャンボ鶴田さんの二十三回忌追善興行が31日に東京・後楽園ホールで行われた。鶴田さんの好敵手だったタイガー戸口の引退試合では藤波辰爾らが熱戦を繰り広げた。追悼セレモニーには天龍源一郎、小橋建太、ザ・グレート・カブキら鶴田さんゆかりのレスラーが出席。追悼の10カウントが鳴らされた。1588人のファンが集まり、川田利明は「これだけの人に集まっていただき、感謝しています。いまだに自分の中では最強のプロレスラーはジャンボ鶴田です」と語った。

 また、第2試合終了後にはターザン後藤さん(享年58)の追悼10カウントゴングも鳴らされ、大仁田厚は「不思議なことにターザンはジャンボさんの付き人でした。曲が流れたときは、まだまだターザンが出てきそうで…」としのんだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年6月1日のニュース