約5年ぶりの復帰戦に臨むボクシング宮崎亮がスパー公開「必ずKOします」 ゴングは16日

[ 2021年12月8日 16:27 ]

16日の復帰戦へ向け、スパーリングを公開した宮崎亮(左)
Photo By スポニチ

 プロボクシングの元WBA世界ミニマム級王者で、16日にメルパルクホール大阪で約5年ぶりの復帰戦に臨む宮崎亮(33=3150ファイトクラブ)が9日、大阪市内の所属ジムでスパーリングを公開した。先日プロテスト合格した双子の兄・田尻雄司、弟・浩司(ともに29)を相手に計6ラウンド。相手がまだデビュー前でキャリアが浅いこともあり打たせながら自身の動きを確認した。

 「試合は5年ぶりだけど、自分ではボクシングから離れた感覚はないので。久しぶりという緊張はないし、練習したことをどこまで出せるか。お客さんを満足させる試合をしたい。必ずKOします。狙います」

 試合は51・5キロ契約6回戦。試合1週間前の現在で「あと5キロ。まだ水分を抜いてないので大丈夫です」と減量に自信をみせる。相手の寺次孝有希(ミサイル工藤)は右構えで、戦績は9勝(4KO)19敗1分け。キャリアを考えれば圧倒したい。

 妻・末衣(まい=33)さんが第3子を妊娠中で、予定日は12日という。男の子で名前を既に「謙信」と決めている。家族の存在を力に、健在ぶりを示すつもりだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年12月8日のニュース