×

オミクロン株の余波…ボクシング年末興行の中止要請・指示2日までなし、帝拳ジム本田会長「待つだけ」

[ 2021年12月3日 05:30 ]

フォトセッションで対戦相手のゴロフキンが大きく描かれた背景をバックにポーズをとる村田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 村田諒太(帝拳)とゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)のWBA&IBF世界ミドル級王座統一戦など年末にビッグマッチを控えるボクシング界も困惑した。日本ボクシングコミッションの成富毅事務局長は「我々もGPファイナルに注視していた」とし、2日までにスポーツ庁から中止の要請や指示はないことを明かした。帝拳ジムの本田明彦会長は「(状況は)何も変わっていない。決定を待つだけ」とした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年12月3日のニュース