阿部麗也、3回TKO勝利で挑戦権獲得「3度目の正直で必ずチャンピオンになる」

[ 2021年11月27日 20:46 ]

<日本フェザー級最強挑戦者決定戦>3回TKO勝ちで挑戦権を獲得した阿部麗也
Photo By スポニチ

 プロボクシング日本フェザー級最強挑戦者決定戦8回戦は27日、東京・後楽園ホールで行われ、同級2位・阿部麗也(28=KG大和)が同級1位・渡部大介(30=ワタナベ)に3回終了TKO勝ちし、この日のメインで初防衛に成功した王者・丸田陽七太(24=森岡)への挑戦権を手にした。

 立ち上がりから一進一退の攻防が続いていたが、3回に阿部の強烈な左ストレートが渡部の顔面にヒット。右目周辺の腫れのため、3回終了後、渡部陣営が棄権を申し入れた。

 19年に2度、日本王座獲りに挑んで失敗している阿部は「この2年でやっとタイトルに挑戦できるところまで戻ってこれたので、3度目の正直で年明けには必ずチャンピオンになります」と力強く宣言した。

 まだ、丸田と日野僚(31=川崎新田)の試合が始まる前で、どちらと対戦するか決まっていなかったが、「誰が相手でもチャンピオンになるのは阿部さん。俺に負ける未来は変えられない」と豪語。丸田が判定で日野を下して初防衛に成功すると、再びリングに上がり、「きょうの試合を見て自分がチャンピオンになるのを確信した」と言い放った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年11月27日のニュース