新日本プロレス、7人コロナ陽性 全員が軽症か無症状、隔離し治療専念

[ 2021年5月10日 05:30 ]

 新日本プロレスは9日、選手7人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。4日に選手2人が陽性判定を受けたため、濃厚接触者を含む全選手にPCR検査を実施したところ7人が陽性となった。

 9人全員が軽症か無症状で、隔離措置を取って治療に専念している。練習中や控室でのマスク着用を義務化し、夜間外出自粛などの感染防止策に取り組んできたが、今後は対策を強化する。緊急事態宣言延長を受け、15日の横浜スタジアム大会と29日の東京ドーム大会の延期を既に決定している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月10日のニュース