2階級制覇ならず…高山、不満のTKO負け「思わぬところで…」試合後リングでシャドー

[ 2021年5月10日 05:30 ]

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦   ●高山勝成 TKO9回2分44秒 エルウィン・ソト〇 ( 2021年5月8日    米テキサス州アーリントン )

ソト(右)のパンチを受ける高山(AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBO世界ライトフライ級タイトルマッチは8日(日本時間9日)、米テキサス州アーリントンで行われ、挑戦者で同級11位の高山勝成は9回2分44秒、TKOで王者エルウィン・ソトに敗れた。

 手数とフットワークで対抗するも、序盤から王者の強打を浴びて劣勢。9回はコンパクトなパンチに切り替えた王者に連打され、レフェリーが試合を止めた。

 世界2階級制覇を逃した高山は不満を示すように試合後のリングで素早いシャドーボクシングを披露。「スタミナも十分残し、ダメージも少ない中、思わぬところでレフェリーストップとなり驚いた」と話した。12日に38歳となるが「結果としては残念だが次戦につなげる」と現役続行を示唆した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月10日のニュース