JBC関西事務局が関西、九州で試合役員を募集

[ 2021年5月10日 05:30 ]

 日本ボクシングコミッション関西事務局は、関西地区、九州地区(沖縄県を含む)在住者を対象に新たに試合役員(レフェリー、ジャッジ、リングアナウンサー、タイムキーパー)を募集する。それぞれ原則40歳までで、試合開始の2時間前までに会場入りできることが条件となる。

 採用担当者は「真剣勝負の立ち会いをするということは、ボクサーだけでなく、多くのファンも魅了することができ、ボクサーとは違った側面で充実感の得られる名誉な職務です。報酬は交通費程度ですが、ボクシングというスポーツを心から愛し、情熱を持って試合に従事できる方はどしどしと応募していただきたいと思います」と話している。

 募集要項は次のとおり。

 (1)関西圏在住者
 試合役員(レフェリー、ジャッジ、リングアナウンサー、タイムキーパー)
 【条件】40歳くらいまでの男女。採用後は関西地区管轄の試合会場に試合開始2時間前に入れる時間にゆとりのある方。大阪・兵庫・京都近郊にお住まいの方。
 希望する職種を明記し、履歴書、志望動機を同封の上、次記のあて先へ郵送。6月末日必着。
 〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町1-4-16 備一ビル2F (一財)日本ボクシングコミッション関西事務局 試合役員募集係
 問い合わせは電話06-6263-5035まで。担当者は坂本。

 (2)九州・沖縄在住者
 試合役員(レフェリー、ジャッジ、リングアナウンサー、タイムキーパー)
 【条件】45歳くらいまでの男女。採用後は九州地区管轄(沖縄県を含む)の試合会場に試合開始2時間前に入れる時間にゆとりのある方。九州地区・沖縄県にお住まいの方。
 こちらも希望する職種を明記し、履歴書、志望動機を同封の上、前記のあて先へ郵送。7月15日必着。問い合わせ先も同じ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月10日のニュース