リオ五輪銀・太田、いざ総合格闘技デビューへ!31日「RIZIN.26」必勝誓う

[ 2020年12月31日 05:30 ]

RIZIN.26 ( 2020年12月31日    さいたまスーパーアリーナ )

前日計量をパスした太田(C)RIZIN FF
Photo By スポニチ

 格闘技イベント「RIZIN.26」(31日、さいたまスーパーアリーナ)の前日計量が30日、都内で行われ、総合格闘技デビューとなる16年リオ五輪レスリング男子グレコローマンスタイル59キロ級銀メダリストの太田忍(27)は契約体重より100グラム少ない60・90キロで一発パスした。

 試合当日の計量だったレスリング時代とは異なるだけに、「5~6キロリカバリーできれば」と66キロ前後でベテランの所英男(43)との一戦に臨む。「負けてはどうしようもない。そこ(勝負)を優先してインパクトのある試合を見せられたら」と必勝を期している。バンタム級(61キロ)タイトルマッチに臨む王者の朝倉海(27)は60・75キロ、挑戦者の堀口恭司(30)は60・80キロだった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年12月31日のニュース