【RIZIN】朝倉海が圧巻の1回TKO「もっと格闘技の魅力を伝える闘いを僕がしていきます」

[ 2020年9月27日 20:56 ]

<RIZIN24>昇侍(左)に右を見舞う朝倉(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 総合格闘技イベント「RIZIN.24」は27日、さいたまスーパーアリーナで行われ、セミファイナルの61・0キロ契約5分3ラウンドでRIZINバンタム級王者・朝倉海(26=トライフォース赤坂)は昇侍(37=トイカツ道場)に1回2分37秒、TKO勝ちした。

 朝倉は序盤からスピードとパワーで圧倒。右フックで昇侍ぐらつかせると、追撃の右ストレートでダウンを奪い、倒れたところにキックを連打。レフェリーが試合を止めた。

 朝倉は「コロナで日本中が大変で、いいニュースがないのけど、格闘技で、僕の闘いで少しでも盛り上げたいと思って参戦した。これからもっと格闘技の魅力を伝える闘いを僕がしていきます」と高らかに宣言した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年9月27日のニュース