【RIZIN】江幡睦 天国の三浦春馬さんにささぐ初参戦初勝利「3人で見た景色をもう1度」

[ 2020年9月27日 18:33 ]

<RIZIN24>良星(左)に判定勝ちした江幡(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 総合格闘技イベント「RIZIN.24」が27日、さいたまスーパーアリーナで行われ、初参戦の江幡睦(29=伊原道場)はキックボクシングルール55キロ契約3分3Rで良星(23=平井道場)に3―0で判定勝ちした。第1ラウンドに2度のダウンを奪う完勝だった。

 双子の弟・塁は昨年大みそかRIZIN.20で那須川天心に敗れた。その時に一緒に入場した俳優の三浦春馬さんが今年7月に死去。その悲しみを乗り越えて塁は8月のRIZIN.22で初勝利を飾った。弟に続いてRIZINのマットで勝利した睦は「僕には見たい景色がある。昨年の大みそかに3人で見た景色をもう1度見たい。そして今度は僕が笑って終わりたい」と宣言。「自分たちができるのはリングの上で生き様を見せること。それが見ている人たちの頑張ろうとか、生きる力になればいいと思います」と続けた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年9月27日のニュース