K―1前日計量 武尊は一発パス、急きょ相手変更「必ずKOで勝ちたい」

[ 2020年3月21日 15:16 ]

<K-1スーパー・フェザー級スーパーファイト>前日計量を一発でパスした武尊(左)とペッダム・ペットギャットペット
Photo By スポニチ

 立ち技格闘技K―1の年間最大イベント「K―1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(スポニチ後援=22日、さいたまスーパーアリーナ)の公開計量と記者会見が21日、東京都内で行われ、注目のスーパー・フェザー級スーパーファイトで激突する武尊(28=K―1GYM SAGAMI―ONO KREST)はリミットの60・0キロ、ペッダム・ペットギャットペット(24=タイ)は700グラム軽い59・3キロで、ともに1回目でパスした。

 武尊は当初、メーンでISKA世界ライト級王者アダム・ブアフフ(29=モロッコ)とダブルタイトルマッチに臨む予定だったが、新型コロナウイルスの影響でブアフフが来日できずに急きょ中止。対戦相手が変更され、セミファイナルに組み込まれた。武尊は「対戦を受けてくれたペッダム選手に感謝している。ムエタイのトップ選手と最高の試合をして必ずKOで勝ちたい」と宣言。急きょ変わった相手への対策も迫られるが「自分への試練だと思う。これを乗り越えて自信にしたい」と前向きに話した。

 K’FESTAでは一昨年の第1回からメインイベンターを務め、2年連続KO勝ちを収めてきた。今回はセミに回るが「試合順ではなく、試合内容で武尊がメインだと示したい」と意気込んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年3月21日のニュース