ボクシング日本代表の愛称決定!男子は「阿修羅JAPAN」女子は「Blue rose JAPAN」

[ 2020年3月21日 05:30 ]

「阿修羅JAPAN」にちなみポーズをとる男子代表の岡沢(前列)と(後列左から)成松、田中、森脇(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本代表の愛称が男子は「阿修羅JAPAN」、女子は「Blue rose(ブルーローズ)JAPAN」に決まった。男子は「闘いの神様のように強い男子でいこう」と岡沢が発案。成松は「中二病っぽくていい。浸透してくれれば」と笑った。

 女子は五輪初出場を達成した自分たちを、かつて幻の存在とされた青いバラに例えたもので、並木は「“夢かなう”の花言葉のように金メダルを獲りたい」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年3月21日のニュース