男子ライト級代表・成松大介「光栄」 最年長30歳、予選敗退も実績評価

[ 2020年3月21日 05:30 ]

質問に答えるライト級・成松大介(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本ボクシング連盟は20日、開催国枠で出場する東京五輪代表に男子フライ級の田中亮明(中京学院大中京高教)、同ライト級の成松大介(自衛隊)、同ミドル級の森脇唯人(同)を発表した。

 男子ライト級の成松はアジア・オセアニア予選で初戦敗退だったが、実績が評価されて2大会連続の代表。「どんな形でも選ばれたことはうれしいし、光栄に思う」と心境を語った。シン・コーチは「経験があり、テクニックも戦術も申し分ない。一つ課題を挙げるなら自分に対し、確たる自信を持つことだ」とした。代表最年長の30歳は「五輪での目標は金メダル。全力を出せるコンディション、絶対に勝つという気持ちをつくって臨みたい」と本番を見据えた。

 ◆成松 大介(なりまつ・だいすけ)1989年(平元)12月14日生まれ、熊本県熊本市出身の30歳。熊本農高―東農大。全日本選手権は6連覇を含む優勝9回。16年リオデジャネイロ五輪は2回戦敗退。18年アジア競技大会(ジャカルタ)ライトウエルター級3位。自衛隊の階級は1等陸尉。1メートル72のサウスポー。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年3月21日のニュース