尚弥、ドネア破り“世代交代”も「皆さんの期待通りの試合できていなかった」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

WBSSバンタム級トーナメント決勝   ○(WBA&IBF王者)井上尚弥《判定3―0》(WBAスーパー王者)ノニト・ドネア● ( 2019年11月7日    さいたまスーパーアリーナ )

試合を振り返る井上尚弥(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝で井上尚弥(26=大橋)がノニト・ドネア(36=フィリピン)に3―0で判定勝ち。5階級制覇のレジェンドを下してWBSS優勝を飾り、ムハマド・アリ・トロフィーを獲得した。WBA同級スーパー王座を統一するとともに3度目の防衛、IBF王座は初防衛に成功した。

 【尚弥に聞く】
 ――試合を振り返って。
 「世代交代は結果的にできたと思っている。皆さんの期待通りの試合は全然できていなかった。これがボクシング。甘い世界じゃないと、今日の試合を通して分かった」

 ――7~9回は流れが悪かった。9回と10回の間に何を考えた?
 「7、8は捨てるラウンドをつくった。右目がふさがり、右ストレートも打てない状態。だったら、ポイントアウトしようと」

 ――拓真が負けた影響は。
 「しんどいものがあった。アップに集中できなかった。いつもと違い、複雑な気持ちでリングに上がった」

 ――出だしは良かった。
 「手応えが良すぎたかな。ロープ際でフェイントからの左フックをもらったのが全て。ボディー来ると思ったら、完全に空いている顔面に来られたんで」

 ――ドネアのパンチ力?
 「効いたので(苦笑い)。9回?ふらついたのが。ドネアもダメージの蓄積があったので、あれぐらいで済んだのかと。あれを序盤に食らっていたら。でも、打たれ強さというか、耐久性も証明できたかな」

 ――ウバーリに敵討ちを宣言した。
 「拓真の敵討ちをしたい。タイミングもあるし、自分もカットしているけど、実現に向かうようにいきたい」

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月8日のニュース