ウバーリ、余裕のV2 尚弥戦へ「一番強い人とやりたいし、また日本でやりたい」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

WBC世界バンタム級王座統一戦   ●(暫定王者)井上拓真《判定0―3》(正規王座)ノルディーヌ・ウバーリ○ ( 2019年11月7日    さいたまスーパーアリーナ )

井上拓真VSウバーリの第2R(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 正規王者として2度目の防衛を果たしたウバーリは「真のチャンピオンになれた。自分が誇らしい」と喜びを爆発させた。気候や時差などの環境の変化に対応しきれず「60~70%の力しか出せなかった」と振り返ったが「自分が強いボクサーだから100%じゃなくても勝てた」と余裕の笑み。

 WBSSを制した井上尚が拓真の敵討ちを宣言したことについても、「もちろんOKだ。一番強い人とやりたいし、そのときはまた日本でやりたい」と対戦を切望した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月8日のニュース