フィジカルトレーナーが語る尚弥の強さ、「コア=腹部奥の筋肉」が生む破壊力

[ 2019年11月8日 09:30 ]

WBSSバンタム級トーナメント決勝   ○(WBA&IBF王者)井上尚弥《判定3―0》(WBAスーパー王者)ノニト・ドネア● ( 2019年11月7日    さいたまスーパーアリーナ )

11R、鬼の形相でボディを打つ井上尚弥(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 井上尚はバンタム級転向後の過去3戦で世界王者経験者に対し、全て2回以内のKO勝ち。2015年末から指導する高村淳也フィジカルトレーナー(45)は「体の軸がぶれず手先まで力が伝わる。マシンガンのような連打で強いパンチを打てる」と破壊力の要因を語る。

 階級制のため筋量を増やしすぎることなく、いかに効率よく力を発揮できるかが肝要になる。「コア(核)」と呼ばれる、腹部の奥の筋肉を意識。ストレッチ、筋力トレーニングなどで体幹を強化してきた。

 重心移動はスムーズに、カウンターなど素早い反撃も可能になり「下半身と上半身が連動している。瞬時の対応力」(井上尚)と自己分析する。WBSS1回戦では鋭く踏み込んで倒したワンツー、準決勝では一瞬速く届いた左フックと成果を示した。高村フィジカルトレーナーは「こなせなかったメニューも次回までにしっかりできるようになっていることが多い。ジム以外でも意識して相当な努力をしていると思う」と語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月8日のニュース