×

元世界王者3人が感じたいつもと違った井上尚弥 竹原氏「あきらかに強引」、畑山氏「1Rがなければ…」

[ 2024年5月7日 18:55 ]

<4団体統一世界スーパーバンタム級TM 井上尚弥・ルイス・ネリ>5回、ネリ(右)からダウンを奪う井上尚(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二氏(52)が7日までに自身のYouTubeチャンネル「竹原チャンネル」を更新。ボクシング元世界王者の渡嘉敷勝男氏(63)、畑山隆則氏(48)とともに4団体統一世界スーパーバンタム級王者の井上尚弥(31=大橋)が挑戦者ルイス・ネリ(29=メキシコ)を6回1分22秒TKOで下し、防衛に成功した試合を振り返った。

 34年ぶりの東京ドームでのボクシングビッグマッチ。その中で初回からネリが衝撃を与えた。カウンターの左フックで尚弥から初ダウンを奪った。しかしその後、尚弥も2回にダウンを奪い返すと、5回には超接近戦での左フックで2度目のダウンを奪った。ダメージを蓄積させた中で、6回に右のパンチでネリをマットに沈めて防衛に成功した。

 試合後に渡嘉敷氏は「まさかダウンするとはね…心臓に悪いね~」と開口一番。竹原氏も「井上尚弥の試合はいつもなら緊張しない。でも今回の試合はいきなりダウンしたから4Rぐらいまでドキドキしました」と緊張感のある試合だったと回顧。

 衝撃のダウンシーンについて渡嘉敷氏は「尚弥に大きなプレッシャーがかかっていた」と口にした。すると畑山氏は「あの1Rがなければ2、3R試合が終わっていた」と尚弥の完勝の可能性はあったと口にすると、竹原氏も同意した。

 その中で元世界王者3人とも初回の尚弥は、様子がおかしかったと口をそろえた。竹原氏は「あきらかに強引だったね」と話すと、畑山氏は「井上チャンピオンのダウンがあって、2Rから立て直した。2Rからジャブやワンツーなど手堅いボクシングして6Rだからね」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年5月7日のニュース