源大輝が日本フェザー級王座返上 令和初日に2度目防衛成功

[ 2019年6月21日 15:19 ]

今年5月1日の日本フェザー級タイトルマッチで、引き分けで防衛した源大輝(右)と王座奪取を逃した阿部麗也(左)
Photo By スポニチ

 日本ボクシングコミッション(JBC)は21日、日本フェザー級王者・源大輝(28=ワタナベ)が同日付で王座を返上したと発表した。

 源は昨年4月、大橋健典(角海老宝石)に7回TKO勝ちしてプロ20戦目で王座を獲得。令和初日だった今年5月1日には阿部麗也(KG大和)と引き分け、2度目の防衛に成功していた。戦績は21戦16勝13KO5敗1分け。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月21日のニュース