井岡 パパ初戦は海外熱望 4階級制覇達成し婚姻届近日中提出

[ 2019年6月21日 05:30 ]

4階級制覇を報じるスポニチ本紙を手に笑顔の井岡(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 日本人男子初の4階級制覇を達成したWBO世界スーパーフライ級新王者・井岡一翔(30=Reason大貴)が都内で会見し、「無事にベルトが獲れてホッとしている。結果を残せて良かった」と喜びを語った。

 前日の王座決定戦では同級1位パリクテ(フィリピン)に10回TKO勝ち。人生を懸けた勝負を終え、同居している1歳上の一般女性との婚姻届を近日中に提出する。8月下旬にも誕生予定の第1子は男の子だと明かしたが、「子供もボクサーに?」の質問には「井岡家のボクシングは僕で最後にしたい」と苦笑いした。“パパ初戦”は海外でのビッグマッチを目指す。「海外で自分の名を広めたい」。WBC同級王者エストラーダ(メキシコ)らの名を挙げ、他団体王者との統一戦を希望した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月21日のニュース