村田がアスリート支援“広告塔”に 経済援助サービス普及へ

[ 2019年6月21日 05:30 ]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ   王者 ロブ・ブラント(米国)《12回戦》同級4位・村田 諒太 ( 2019年6月12日    エディオンアリーナ大阪 )

カルロス・トレーナーを相手にミット打ちを行う村田(左)
Photo By スポニチ

 村田がアスリート支援に一役買う。ファンが直接、アスリートに経済援助できるモバイルサービス「Esporta(エスポルタ)」を公認応援プラットフォームに採用。「プロと言っても主な収入はアルバイト。そんな環境で消えていった才能をたくさん見てきたから」と、自らを“広告塔”としてサービスの普及を図る。

 ブラントとの再戦に向け調整は佳境。18日に8ラウンドのスパーリングを行い21日にも8ラウンドのスパーを予定。「今週が一番ハード。でもボクシング自体は悪くない」と手応えを口にした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月21日のニュース