「井岡に勝つ自信?100%だ」パリクテ、王座決定戦へ自信の来日

[ 2019年6月11日 21:20 ]

成田空港に到着したアストン・パリクテ
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦(19日、千葉・幕張メッセ)で同級2位の井岡一翔(30=Reason大貴)と対戦する同1位アストン・パリクテ(28=フィリピン)が11日、成田空港着の航空機で来日した。

 日本を訪れるのは初めてだが、昨年9月に米カリフォルニア州で行われたドニー・ニエテス(フィリピン)とのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦など海外での試合経験は豊富とあってリラックスした様子。昨年大みそかに井岡を下して王者となったニエテスと引き分けていることもあり、「井岡に勝つ自信?100%だ」と言い切った。

 身長1メートル73と、この階級では長身でKO率75%を誇る強打者。井岡戦に備え、ルソン島の北部にあるバギオで約10週間の強化合宿を行ってきたという。「コンディションはいい。KOで勝つだろう」と予告した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月11日のニュース