ヤクルト・宮本スクイズ失敗…接戦落とし優勝マジック9で足踏み

[ 2021年10月13日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―3中日 ( 2021年10月12日    バンテリンD )

<中・ヤ>7回、交代を告げる高津監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが接戦を落とし、2位・阪神も勝利したため優勝マジックは9で足踏み。最短Vは18日となった。

 同点の7回1死一、三塁。代打・宮本の場面で高津監督は「柳投手なので、なかなか点は取れない。なんとかもう1点を」とスクイズのサインを出した。だが、高めの直球に空振りし、三塁走者が挟殺でアウトとなった。8回に清水が中犠飛で勝ち越し点を献上。指揮官は「1点取るため、1点防ぐためにどうしたらいいかは変わらない」と次戦を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月13日のニュース