ロッテ・石川 9回2失点の完投で今季5勝目!14日にM灯へ朗希に託した「明日も勝ちたいと思います」

[ 2021年10月13日 21:16 ]

パ・リーグ   ロッテ8─2オリックス ( 2021年10月13日    京セラD )

<オ・ロ24>2失点完投でマジック点灯を阻止し、田村(右)とグータッチをかわす石川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ロッテはパ・リーグ優勝争いの天王山第2戦で先発の石川が9回2失点の完投勝利で今季5勝目。先発全員安打となる16安打8得点でチームは連敗を3で止めて今季勝率5割以上を確定させた。この勝利で14日のオリックス戦に勝利すれば2位のまま優勝マジック「9」が点灯する。引き分けた場合でも2位のまま優勝マジック「10」が点灯する。

 ヒーローインタビューで石川は「いつも通り投げようと思って準備しました」と話し始め、2回1死一、三塁のピンチの場面も「前回Tさんに打たれたので低めにコントロール出来て良かったです」と振り返って、続く伏見を二飛で打ち取ってピンチを切り抜けた。続けて「田村の要求通りに投げられたかなと思います」と自身の投球を振り返るとともに女房役の田村に感謝した。

 6月に右ひじを手術し、地道なリハビリして9月に1軍に合流した石川。9回97球を投げて、6安打2失点無四球の完投勝利に「本当に凄いと思います」と笑顔見せながら語り、最後に「優勝に向けて1戦1戦勝てるようにやっています。明日も勝ちたいと思います」とファンへメッセージを送った。14日の同戦に先発する佐々木朗希に勇気を与える快投だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月13日のニュース