DeNA・牧が22号! 田淵幸一、原辰徳らレジェンドの新人記録に並ぶ

[ 2021年10月13日 22:30 ]

セ・リーグ   DeNA9―3広島 ( 2021年10月13日    マツダ )

<広・D23>6回2死、牧は左越えにソロ本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNA・牧秀悟内野手が、5回に適時二塁打を放つと、6回は左越え22号ソロを放ち、7試合連続で入った「4番」の仕事をこなした。

 二塁打は27本目で、新人では長嶋茂雄の34本、高橋由伸の32本に次ぐリーグ史上単独3位。22本塁打は田淵幸一、原辰徳に並び新人ではプロ野球歴代8位と留まるところを知らない。ついに23本塁打の阪神・佐藤輝にもあと1本に迫った。

 牧は「チャンスで打つのが4番。今日はそこで打てた」と笑顔を見せた。2年連続のBクラスは確定したが、32セーブの広島・栗林、佐藤輝らと争う新人王は最後まで諦めない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月13日のニュース