ついに出た!やっと出た!! 阪神・佐藤輝が60打席ぶりのヒット 第1打席に右前適時打放つ

[ 2021年10月5日 18:00 ]

セ・リーグ   DeNAー阪神 ( 2021年10月5日    横浜 )

<D・神(23)>初回2死一、二塁、右前適時打を放ち、連続無安打を59でストップさせ、ベンチに向かって笑顔の阪神・佐藤輝(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝明内野手(22)が連続打席無安打の不名誉な記録を「59」で止めた。

 2点を先行した初回2死一、二塁から思い切りよく引っ張った一撃は一二塁間を突破。二塁走者が生還し、佐藤輝は一塁ベース上で、三塁ベンチに向かって右腕を突き上げた。

 「打ったのはカットボール。使ってもらっている中でチームに全然貢献できていなかったので、久しぶりにタイムリーを打つことができて、チームに貢献する一本を打つことができてよかったです。これからもっともっと打てるように頑張ります」

 3日の中日戦では5試合ぶりにスタメンに名を連ねたものの4打席とも快音を響かせることなく凡退。58打席連続無安打となり、1955年に投手の大石正彦(大洋)が記録した57のセ・リーグワースト記録を更新していた。

 打撃不振だった時期は2軍で再調整。だが、9月23日の中日戦で1軍復帰するも快音が響かず、1軍では8月22日の中日戦以来、安打が出ていなかった。9月は無安打のまま終了したものの、ようやく再スタートとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月5日のニュース