開幕2戦目を登板回避した楽天・田中マー君の代役は高田萌に決定 移籍後初登板

[ 2021年3月26日 15:58 ]

楽天・高田萌
Photo By スポニチ

 楽天の田中将大投手(32)が右ヒラメ筋損傷の影響で27日の日本ハム戦(楽天生命パーク)の登板を回避したことを受け、代役で開幕2戦目の先発を高田萌生投手(22)が務めることが決まった。

 昨年7月、巨人との交換トレードで楽天に移籍した。オープン戦ではリリーフで3試合に登板。防御率2・25の成績を残し、5年目で自身初の開幕1軍メンバー入りを果たした。思わぬ形で移籍後初となる1軍登板の機会が急きょ巡ってきた。告げられたのはこの日の練習前だったそうで「投げる準備はしていた。びっくりはしたけど、やりがいがある登板機会をいただいた。初めて楽天で1軍で投げる試合。田中さんの代わりにはなれないけど、しっかり準備をして自分のベストを出したい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年3月26日のニュース