大商大野球部の新入部員32人が初練習 大阪桐蔭出身の薮井「日本一になるために来た」

[ 2021年2月14日 05:30 ]

今春入学予定の大商大の練習に参加した大阪桐蔭の薮井  
Photo By スポニチ

 甲子園のスター選手がズラリそろった。関西六大学野球連盟に所属する大商大に今春入学予定の32人(マネジャー含め36人)が13日、奈良県内のグラウンドに集結し、全体練習に初めて加わった。

 昨夏の「2020年甲子園高校野球交流試合」に出場し、いずれも主将を務めた大阪桐蔭の薮井駿之裕、尽誠学園の菊地柚、鹿児島城西の古市龍輝らが参加。倉敷商の田村幸哉、鳥取城北の河西威飛ら交流試合を含む甲子園大会経験者は計12人を数え、さっそく守備練習やシート打撃などで汗を流した。

 大阪桐蔭出身の薮井は「関西から日本一になるために大商大に来ました。その目標に一歩ずつ近づきたい。レベルの高い環境ですが、絶対に気持ちで負けたくありません。大阪桐蔭で培った勝負強さをここ一番で発揮できるよう頑張りたい」と言葉に力を込めた。

 今春入学予定の選手を歓迎すべく、この日は『もぐらの唄』などで知られるアーティストのEXPRESSが来場。部員に熱い歌を届けた。薮井は「心に響く歌詞にグッときました。エネルギーをいただきました」と感謝した。

 大学選手権では75、76年に、明治神宮大会では82年に準優勝を誇る大商大。3月には広島遠征や安芸キャンプで鍛練を積む予定だ。充実の新戦力を加え、4季連続優勝がかかる今春のリーグ戦に向かう。

 今春入部予定の32選手は以下の通り。★は甲子園出場

 <投手>
 中島 黛我(大商大堺)
 原  淳一(東海大静岡翔洋)
 和田 育也(高知中央)
 橋本 昇樹(大垣日大)
★岡田皓一朗(智弁学園)
 山北 虹貴(智弁学園)
 佐々木寛人(北海学園札幌)
 坂井  渚(桜ケ丘)
 佐久間大翔(大商大高)
★乾  陽太(尽誠学園)
 片山  維(帝京五)
 誉田 凌央(東洋大姫路)
 滝野 聖久(東海大大阪仰星)

 <捕手>
★田村 幸哉(倉敷商)
★山田 聡嗣(高知商)
 松田 直生(大商大高)

 <内野手>
★薮井 駿之裕(大阪桐蔭)
★鈴木 脩太(近江)
★菊地 柚(尽誠学園)
★熊代 竣介(石見智翠館)
 金原 塁(クラーク国際)
 植垣三四郎(神戸国際大付)
 日野  航(智弁学園)

 <外野手>
★渡部 聖弥(広陵)
★河西 威飛(鳥取城北)
★福島 大輝(倉敷商)
★古市 龍輝(鹿児島城西)
 浦  希旺(氷見)
 小原 強司(藤井学園寒川)
 浜田 楓大(生光学園)
 山本 晴登(大商大高)
 吉岡 耶翔(奈良大付)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月14日のニュース