2つの数字は譲らない 21年の阪神・遠藤は「打率・250以上」「守備率9割以上」が大目標

[ 2021年1月14日 05:30 ]

内野ノックを受ける阪神・遠藤
Photo By 代表撮影

 阪神・遠藤がプロ2年目となる今季の目標に「打率・250以上」と「守備率9割以上」を掲げた。13日は鳴尾浜球場で自主トレを行い、「打撃では平野さんにライナーを打てと言われているので、そのためにどうしたらいいのかを考えてやっている。守備では去年から言われている、右足の着き方や使い方を意識している」と攻守の課題を列挙。鳴尾浜球場で自主トレに励む木浪らにも質問し、進化を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月14日のニュース