明石商、桐生第一との投手戦制す エース・中森が2失点完投 最速150キロマーク

[ 2020年8月16日 12:08 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   明石商3―2桐生第一 ( 2020年8月16日    甲子園 )

<明石商・桐生第一>先発登板する明石商・中森(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」5日目が16日、甲子園球場で行われた。第1試合は、明石商(兵庫)が3―2で、桐生第一(群馬)との息詰まる投手戦を制した。

 明石商の先発は、今秋ドラフト候補で最速151キロを誇る右腕・中森(3年)。力強い直球に加え、緩急のある変化球を交ぜながら好投。初回に安打を1本許すも、2回以降は、この日の最速150キロをマークするなど6回まで三者凡退を続けた。

 エースが作った流れに打線は0―0で迎えた6回、2死二、三塁の場面。5番・井上(3年)が遊撃手の頭上を越える左前2点適時打で先制した。さらに8回には代打・山口(3年)の右前適時打で1点を追加した。

 援護を受けた中森は終盤に2点を失うも、リードを死守。8回、2死二、三塁のピンチでは3番・広瀬に対し、内角の直球で空振り三振を奪うなど、最後まで力を緩めることなく投げ抜き、9回5安打2失点9奪三振だった。

 一方の桐生第一は、先発左腕・宮下(3年)が6回2失点と粘りの投球を披露。打線も7回に1点、土壇場9回にも1点を返したが及ばなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月16日のニュース