ロッテ 投壊9連勝ならず…二木「申し訳ない」1回1/3で6失点KO

[ 2020年7月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―15楽天 ( 2020年6月30日    楽天生命 )

<楽・ロ>2回、降板する二木(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 06年以来の9連勝を狙ったロッテだが、投手陣が楽天打線に15安打で15点を奪われ、大敗を喫した。

 首位攻防6連戦の初戦を落とした井口監督は「今日みたいに初球からど真ん中では抑えられない」と振り返った。先発・二木は1回1/3で6失点KO。「いい流れで来ていたのに…。申し訳ない」。初回に清田の左越え2号2ランで先制したが、2回に先頭から4連打を浴びて2点を失い、さらに1死三塁から辰己にも適時打を浴びた。

 2番手・中村稔も、昨季同僚だった鈴木大に初球を右中間へ運ばれた。連勝は8でストップし、楽天に1ゲーム差と詰め寄られた。試合前、指揮官は「投手が1点でも少なく抑えれば、うちの打線ならば5点は取れる」と語っていたが、この回だけで7点を許す展開までは予想できなかった。(横市 勇)

 ▼ロッテ・清田(初回1死三塁から先制の左越え2号2ラン)外野フライ、内野ゴロでも(走者が俊足の)荻野なら還って来られると思っていました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月1日のニュース