阪神“開幕投手”秋山が初回に被弾 悔しさ隠せず

[ 2020年2月8日 13:48 ]

練習試合   中日―阪神 ( 2020年2月8日    北谷 )

20年猛虎の“開幕投手”を務めた秋山(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 今年初の対外試合で“開幕投手”を務めた秋山が初回、福田に左中間2ランを許した。

 「結果よりも自分の球を投げて、次につながるような投球をしていきたい」と攻めの投球を誓い、根尾を2打席連続右飛に封じ込んだものの、2死からの2ランに悔しさを隠せなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年2月8日のニュース