西武・秋山、今季初実戦で適時二塁打「安心した」

[ 2019年2月24日 05:30 ]

練習試合   西武2―4ロッテ ( 2019年2月23日    春野 )

3回2死一塁、秋山は中越えに適時打を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 西武・秋山が今季初の実戦で適時二塁打を放った。宮崎・南郷キャンプでの発熱が影響し、ここまで試合出場なし。ベストメンバーを組んだ中で「3番・中堅」を務め、3回2死一塁で益田の143キロ直球を捉えて中越えへ運んだ。

 「しっかりタイミングを取って振れた」とうなずき、5回までの出場を「特別良かったところも、悪かったところもないので安心した。まずまず」と振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月24日のニュース