中畑氏 日ハム・斎藤佑の覚悟にじむ投球 「抜きスラ」決め球に

[ 2019年2月21日 09:30 ]

練習試合   日本ハム8―3楽天 ( 2019年2月20日    金武 )

<楽・日練習試合>1回2死、浅村(右)を空振り三振に仕留める斎藤(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 【中畑清 CHECK!】首の皮一枚つながった。そんな感じかな。3回を無安打に抑えた斎藤。今の立ち位置がよく分かっている。後がない状況。結果を残すしかない。丁寧に低めにボールを集める投球に「覚悟」がにじんでいた。

 まともな真っすぐはないけど、低めに投げることによって角度をつける。鋭いと感じる変化球もなかったけど、浅村と渡辺直から空振り三振を奪ったスライダーは良かった。チェンジアップ気味に抜けてくるから打者はタイミングが合わない。簡単に三振することのない浅村が3球三振だもんね。抜きスラ。意図的に抜いたのであれば、決め球にできるんじゃないかな。

 今の段階では合格。ただし開幕を「サクラサク」で迎えるには、結果を残し続けるしかない。それは本人が一番分かっているはず。頑張ってほしいね。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月21日のニュース