法大・青木監督の“暴力告発文書”が東京六大学連盟に届く

[ 2019年1月30日 05:30 ]

法大・青木久典監督
Photo By スポニチ

 法大・青木久典監督(45)が部員への暴力を振るったとする告発文書が法大と東京六大学野球連盟に届いていたことが29日、分かった。

 部員を殴るなどの暴力行為があったことや、かつてプロとの金銭授受があったなどという告発が羅列され、差出人が明記されているファクスが1週間前に連盟へ届いたという。連盟の内藤雅之事務局長は「法大には青木監督、被害者とされる選手らから事情を聴いた上で報告書を提出するように求めた。届き次第内容を精査したい」とした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月30日のニュース