中日・若松 399日ぶり白星「シーズン中にこんなに走ったのは初めて」

[ 2017年8月13日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3―0ヤクルト ( 2017年8月12日    ナゴヤドーム )

<中・ヤ>解説を務めた山本昌氏(左)に祝福される若松
Photo By スポニチ

 5年目右腕の中日・若松が7回を6安打無失点で今季初勝利。昨年7月9日の同じヤクルト戦以来399日ぶりの白星に「前半戦は何もしてなかった。何とかチームの力になりたいと思って投げた」と話した。

 15年は10勝、昨季も7勝を挙げたが、今季は不調で4月下旬に2軍落ち。2軍でも打ち込まれ、5月上旬から約1カ月間、ブルペンに入らずミニキャンプを行った。「シーズン中にこんなに走ったのは初めて」。下半身を強化し、復活した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月13日のニュース