中日 新助っ投ロンドン&アラウホ合意 懸案の投手陣補強

[ 2016年12月29日 05:30 ]

中日が契約合意したロンドン(AP)
Photo By AP

 中日が新外国人として、今季パイレーツに所属していたホルヘ・ロンドン投手(28)と28日までに契約合意に至ったことがわかった。新守護神候補として身長2メートル1の前マーリンズのエルビス・アラウホ投手(25)とも合意したことも判明。共に出身はベネズエラで、年明けにも正式発表される。

 ロンドンは150キロ超えの直球とスライダーを武器とする1メートル85、98キロの右腕。メジャー通算13試合で0勝1敗、防御率13・26と目立った成績は残せていないが、今季は3Aで43試合に登板して、6勝4敗、12セーブ、防御率2・67だった。先発と中継ぎともに経験があるという。

 加えて今季6勝を挙げたが、自由契約となっていたジョーダン・ノルベルト投手(30)と正式に再契約を結んだ。育成契約を結ぶキューバ出身の投打2選手も、年明けに発表される見通し。19年ぶりの最下位から森新監督の下、巻き返しを期す2017年。この日、名古屋市内の球団事務所は仕事納めとなったが、同時に助っ人の補強は完了した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月29日のニュース