W杯3連覇狙う女子野球 片岡、六角らが代表候補に

[ 2012年3月4日 18:02 ]

 今夏にカナダで開催される野球の第5回女子ワールドカップ(W杯)で3連覇を狙う日本代表候補選手の選考会最終日が4日、埼玉県川越市で行われ、茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美内野手、前回大会で最優秀選手(MVP)に輝いた六角彩子内野手(サムライ)ら24選手が代表候補に選ばれた。

 W杯の登録人数は20人か18人で、代表選手は大会直前に決まる。元プロ野球日本ハム投手の新谷博監督は「年々レベルが上がり、選考が難しくなっている。3連覇の重圧はあるが、気持ちの強いチームをつくりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月4日のニュース