黒羽根 DeNA結婚第1号!北川景子似美女に一目ぼれ

[ 2012年1月11日 06:00 ]

自ら描いた結婚相手の美恵さんの似顔絵を手にするDeNA・黒羽根

 新球団結婚第1号は、ハマの正妻候補だ!DeNAの黒羽根利規捕手(24)が、島根県在住、田辺泰文さん(53=公務員)の長女・美恵さん(26)と1月中に結婚することが10日、分かった。

 プロ7年目の黒羽根は昨季後半戦から正捕手に定着したホープ。中畑清新監督(58)にとっても、年明け一番に届いた朗報となった。

 一目ぼれだった。10年8月上旬にチームの先輩の杉原洋氏(今オフ現役引退)の紹介で同氏の開星(島根)時代のクラスメートだった、北川景子似の美人美恵さんに出会った。

 黒羽根は遠投120メートルの強肩が売り物。今季は自己最多の100試合出場を目標に掲げる。巨人から移籍した鶴岡と正捕手の座を争うことになるが「今までと違い、1人ではないので半端な気持ちで野球をできない。家族ができる重さは実感している。苦労させたくない」と力強く言った。

 ◆黒羽根 利規(くろばね・としき)1987年(昭62)6月2日、横浜市生まれの24歳。日大藤沢(神奈川)では、3年夏の神奈川大会5回戦で日大高に敗れ、甲子園出場はなし。05年高校生ドラフト3巡目で入団。08年5月25日のオリックス戦(横浜)で初出場。強肩捕手として期待され、昨季は自身最多の45試合に出場した。1メートル78、84キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年1月11日のニュース